エンジェルウィング 岡田芳子公式サイト 〜トゥルーセルフ 光の自己を生きる〜
Header

子供たちが新しい環境に進み、新しい人々と出会い日々驚きと発見のある毎日を送る一方で
私はこれまで学んできた初期の頃のスピリチュアルな本を引っ張りだして、もう一度読み返しています。

受験のサポートが終わり「好きな事をやったらいいよ!」と、子どもに促されたのですが…料理やお花を習いに行こうかな…と思いながら、そのやりたい気持ちもちょっと中途半端に終わっていました。

新しいことが決まらないエネルギーの中、今はチャレンジすることよりも初心に戻って心を充電させることに意識を向けると「そうそう。これがやりたかったのよ」と心が応えてくれます。

休むのではなく充電です。

迷いが出たら「初心に戻る」この方法。
エネルギーを満タンにする早道かもしれません。
お試しあれ!(^-^)


子供達は卒業を終え
晴れて女子大生と女子高生へと、ステージアップしました。

私は一年間のサポート役から、次のステージへと移行しつつあります。
そんな中、見えなかった奥深くのテーマをようやく見つけだし、いま、新しい光の方に向かいたいと思うようになりました。

これまでになかった新しい自分を生きることをコミットしたのです。

心の奥のヒダの中にあった様々なものをこれからもっともっと手放していきたいです。

春のエネルギーがようやく心の中に満ちてきました!


久しぶりのブログ更新です。
今日は暖かい陽射しの中で、書いています。

子どもたちの受験がもう少しで終わります。
ゴール目前です。
結果の出たものもあれば、結果待ちのものもあり…これから先、扉の開いて行く方向に進むのだと思います。

私は放任主義の親元に育ったので、勉強もスポーツもやりたいならやればいいし、やりたくなければやらなくてもいい…とかなり適当で緩い学生時代だったのですが、そのDNAを子どもたちは受け継いでいないのか?なんとも真面目に勉強し、真面目な学生生活を送っています。

ともあれ…来月には卒業して次のステージに進むのです。
これまでとは違う新しい環境で、たくさん人と出会いいろんなことを吸収してほしいです!


生きていると何度も自分の来た道を振り返る時があるように思えます。

例えば…仕事がうまくいかなくなったとき。
自分は一体何をしているんだろうか?と。

例えば…愛する人と心が繋がらないとき。
果たして自分にとって本当の愛ってなんだろうか。と。

人と別れたり再会するとき。
家族の関係性が変わったとき。
子供達が巣立つとき。

そう。生きている間、わたしたちは何度も何度も振り返り自分の通ってきた道を見続けるのです。

でも振り返るだけが人生ではありません。

前を見つめ、未来を見つけ出して進んで行くと過去の経験が自分を導いていたことがわかります。
あの体験が、わたしをここまで連れてきたんだ。それは完璧な体験だった…と。

だからこそ過去を振り返らず、それをバネに未来の自分を生きることだと思っています。


生きている時に本当に必要なものはなんだろう…と時々思うことがあります。

もちろん、答えはひとつではないでしょうしあなたの必要なものと、わたしの必要なものは違うと思います。

子供達が夢に向かって必死で勉強している姿をみながら私はその年齢の頃は、学校や勉強に燃えることもな悶々と「何のために生きているんだろう」とかそんなことばかり考えていました。

そして、そのまま大人なり仕事になりました。

でも、形こそ違っていても、誰もが自分自身を知り人として生まれてきた理由を探している様に思えます。

自分の目指している星はどこにあるのか。
どうすればその星に手が届くのか…
答えはひとつとは限らないのです。

だからこそこの旅はチャレンジする価値があるように思えます。